インキ

タンポ印刷はインキの選定より始まります。

タンポ社製インキは印刷仕上がり、転写性、作業性、素材適正に優れています。

 国産インキと比較し隠ペい性に優れていますので美しい仕上がりが得られます。
 乾燥速度、転写性、インキタック値などがタンポ印刷に最も適しており、ヒゲやニジミの発生が少なく、印刷が
  容易です。
 耐摩耗性、密着性に優れているので多くの実績があります。電卓、パソコンキートップのタンポ印刷への採用は
  もちろん、スクリーン印刷にも用いられています。

Bタイプ
エポキシ樹脂をベースにした2液反応型インキで、自動車
のノブ類(ABS)、処理済(PP・PE)、エポキシ(
電子部品)、アルミニウム、ガラス、金属など幅広く使用
されており、印刷作業も大変優れています。
インキ仕様


B/GLタイプ
エポキシ樹脂をベースにした2液反応型インキで、セラミ
ック、ガラス、金属への印刷に開発されたインキです。
Lタイプ
ウレタン系樹脂をベースにしたインキで、電卓(ABS)
、カメラボディー(PC)、ゴルフボール(ウレタン塗装
)などに使用されます。耐摩耗、耐薬品、耐溶剤性に優れ
ています。
Nタイプ
エポキシ樹脂をベースにした2液反応型インキで、ABS
、アクリル、ナイロン、フェノール、処理済(PP・PE
・PET)、ガラス、ステンレス、陶器などに使用されて
います。
Pタイプ
ビニール系樹脂をベースにしたインキで、一液、二液の兼
用インキで耐アルコール、薬品性に優れています。処理済
(ポリアセタール、PP、PE)アクリル、硬質塩ビ、P
C、ポリエステル、ポリエチレン、ポリウレタンなどに使
用されています。

当社開発タンポインキ


DSタンポインキ
ビニール系樹脂とアクリル系樹脂をベースにした一液のインキです。ABS、硬
質塩ビ、アクリルPC、PETなどに使用されています。
UV−Mタンポインキ
(紫外線硬化型)
ウレタンアクリレート系樹脂をベースとしています。処理済(PP・PE)、エ
ポキシ、ガラス、金属などに使用されています。